名古屋で見つける専属運転手求人の情報まとめ

名古屋に多い役員付き運転手の仕事の種類

名古屋では、コンテナなどを運ぶトラックの専属運転手や、バス、タクシーの専属運転手の求人が多く、銀行の頭取、支店長、地域の大きい会社の社長や役員付きの専属運転手、病院の院長や重要な手術を控えている医師を運搬する専属運転手などの仕事もあります。

 

東京ほど役員付きの専属運転手の仕事はないですが、そのかわり、ひたすら沿岸部と内陸のコンテナ倉庫を大型トレーラーで走るというような仕事もあります。人を運ぶだけでなく、可燃物や高価で付加価値の高い部品の運搬、数億円もするような貨物の運搬をする専属ドライバーの仕事もあるようですので、責任の重さは変わりません。

 

名古屋の専属運転手の給料相場

給料相場は大型トレーラーでも役員付き専属運転手でも25万円から35万円ほどです。1ヶ月40万円を超えるようなところはあまり無いようですが、ひたすら同じルートを走る大型トレーラーの仕事などで、25万円以上稼げればかなり働きやすいでしょう。扱う荷物に対する責任は重要で緊張しますが、慣れてしまえば日々安全運転を心がけてきちんと仕事をこなせるでしょう。

 

愛知県名古屋市では全国の中でも交通事故が多い地域なので、できるだけ事故に巻き込まれないようにし、せめて荷物や役員は守れるように安全なルートを走るというのも重要です。特に相当運転に慣れていて、日々名古屋で走り慣れている人でないと、地元ルールなどに翻弄されてしまうので、現地でのタクシー業務の経験が長い人や宅急便の仕事をしていた方は専属運転手の仕事もしやすいはずです。

 

名古屋で仕事をするときの注意点

名古屋において、車に関係する仕事は非常に需要が高く、事故数の多い中で確実に安全に運転することが運転手に求められます。特にタクシー運転手や大型トレーラーの運転手は無茶な運転をする一般市民を予測しながら走らないといけないので、経験のない人では正直仕事は危険でしょう。交通関係の会社や地元の大きな会社の専属ドライバー、コンテナの運送会社などでの勤務が予測されますので、少しでも経験は多いほうが良いです。

 

慣れていない場合にはドライバーの助手としての仕事からはじめていってもよいでしょう。名古屋での様子、仕事の雰囲気、専属運転手のサポートからやっていけば、事故を如何に防ぐか、何を考えて仕事をするか、どんな車が危険か予測する力も少しずつ身についていくでしょう。

専属運転手