専属運転手の募集と求人の選び方完全攻略

専属運転手って稼げるの?

お仕事をお探しでしょうか。専属運転手をお考えでしょうか。気になりますよね、「稼げるのか」、「どのような仕事なのか。」こちらでしっかりと把握しておいてください。
わかりやすく解説しています。

 

会社役員や社長お付きの専属運転手

タクシーのように歩合給で仕事の成果をあげなければいけないというプレッシャーはなくなり、普段乗せる人も変わらないので接客を気にすることもなく、運転に集中できます。

 

勤務時間、勤務日は

勤務時間、勤務日は役員の方に合わせることになりますが、1日8時間、平日5日間だけの勤務になるのがほとんどで、労働者として使い倒されるような事はほとんどありません。

 

専属運転手として働く場合

専属運転手として働く場合、勤務日数と健康面、給料などの稼ぎをトータルで比較して勤務する人、会社を選ぶようにしましょう。

 

 

 

会社役員や社長お付きの専属運転手として働ければ、タクシーのように歩合給で仕事の成果をあげなければいけないというプレッシャーはなくなり、普段乗せる人も変わらないので接客を気にすることもなく、運転に集中できます。役員付き専属運転手になる場合は、乗せる役員の方との良好な人間関係、執事や秘書としての役目も担うようになりますが、ドラマや映画のように激しく叱られたり、殴られたりするようなことはありません。

 

勤務時間、勤務日は役員の方に合わせることになりますが、1日8時間、平日5日間だけの勤務になるのがほとんどで、労働者として使い倒されるような事はほとんどありません。勤務会社や契約内容によっては際限なく1ヶ月使用されてくたくたになるようなこともあるようですが、そうしたところはほぼ皆無です。たいてい1日8時間、平日のみの勤務をする場合、1ヶ月で25万円から35万円の稼ぎになるようです。

 

1日8時間、1ヶ月間制限なく、役員について働く場合には40万円から50万円の給料を貰える場合もありますが、早朝、夜間と勤務が役員の日程に合わせなければいけないため、あまり余裕がない可能性があります。専属運転手として働く場合、勤務日数と健康面、給料などの稼ぎをトータルで比較して勤務する人、会社を選ぶようにしましょう。

 

フレンドリーな職場で働ければ大丈夫

一般企業、会社で専属運転手兼秘書として働く場合

一般企業、会社で専属運転手兼秘書として働く場合にはそれほど不安に思うことは何もありません。

 

日程管理やちょっとした秘書業務を行う

運転だけをするという専属運転手もいますが、たいていは日程管理やちょっとした秘書業務を行うことも多い。

 

フレンドリーな職場での勤務

社長や役員が専属運転手を話し相手やサポートしてくれる人として欲していますので、フレンドリーな職場での勤務が多くなります。

 

ドラマや映画に出てくるような厳しい専属運転手の仕事をしないといけないようなシーンは現実にはほぼありません。公務員、省庁の役員や幹部などの専属運転手、有名人や芸能人の専属運転手として働くような場合は、少しピリピリした環境で働かなければいけない可能性がありますが、一般企業、会社で専属運転手兼秘書として働く場合にはそれほど不安に思うことは何もありません。

 

運転だけをするという専属運転手もいますが、たいていは日程管理やちょっとした秘書業務を行うことも多いため、社長秘書として運転もするというイメージでいるとより現場の様子に近いでしょう。そのため、社長がガミガミ叱りつけてくるような事はあまりなく、仕事に忙しい場合にはそこまで大きなミスをしない限り、関係が壊れることもないです。また、女性が男性の役員、社長お付きの秘書兼専属運転手をする場合には、セクハラなどを受ける可能性が未だにありますが、基本的に求人に募集を出している会社でそういうことをする会社はほぼありません。

 

専属運転手の求人募集をする会社の多くは、社長も社員もフレンドリーで、社長や役員が専属運転手を話し相手やサポートしてくれる人として欲していますので、フレンドリーな職場での勤務が多くなります。もちろん、マナーや敬語などビジネスの基本は守る必要がありますが、雑談やちょっとした受け答えなどもできないような厳しい環境での勤務にはならないでしょう。

 

社長・役員秘書の任務もあるかも

求人情報、求人を出してくる会社の多くが秘書兼運転手という人材を求めている場合が多いです。社長や役員の仕事は主に体外的なアピールや仕事の契約、交渉、そして、謝罪やお礼などをして回ることが多く、その際の移動時間はとても貴重です。非常にたくさんの人と会って話をして、場所もその方々に関係する資料も、言葉遣いや時に英語の使用も必要となるため、専属運転手がそのサポートに回ってくれれば会社の業務がよりスムーズに廻るようになります。

 

決して社長や役員は楽な仕事ではなく、常に人に監視されているような状況の中で、重要な判断をしっかり下して指示を出さないといけませんので、専属運転手のサポートは非常にありがたいものです。秘書としての仕事として、電話対応、書類のファイリング、目的地までの運転・移動、関係各所への電話連絡やアポの確認などがあげられます。

 

車を使用してこれから移動する先の目的地の人々に対して、いつ頃到着するかという連絡と、アポを忘れていないか、急な日程変更がないかなどの確認も含めてスピーディーに秘書業務をこなして社長や役員を運ぶのが多くの専属運転手の仕事になります。慣れていない場合にはまずは秘書の仕事から覚えたほうがよいですが、慣れていないうちは運転手としてのみの仕事からはじめて、少しずつ出来ることを増やしていくようにしてもよいでしょう。

 

一般的な専属運転手の給料や勤務形態

専属運転手の多くは20万円から30万円という給料で働いています。1日8時間の勤務が基本で、残業があれば残業代も支払われますので、一般社員と扱いはほぼ同じです。社長が他社に仕事をもらったり、仕事を振ったりする時にも専属運転手がともに行動して、少しでも早く会社内に共有できれば秘書としての役目も果たせます。

 

社長、役員がお休みの時、移動する予定がない時には専属運転手は、秘書業務、他の社員のサポートや次の日程の準備、挨拶の準備、菓子折りストックの用意など割と事務仕事に近い業務をすることになります。常に1日中運転していなければいけないわけではなく、秘書に近い立ち場になりますので、執事やメイドのような仕事に憧れている方で、車の運転も出来る方はこの専属運転手の仕事に向いているでしょう。

 

この秘書、専属運転手の仕事は2種免許や秘書の資格が必要になることもありますので、ただの事務ではなく、れっきとした専門業務です。完璧に先手を打って社長のサポートに回り、社長や役員のサポートができればやりがいも大いに感じられるでしょう。社長のストレスや疲労を少しでも減らせるように、車の安全運転、室内、車内の気温管理、環境管理なども心遣いができれば理想的です。

 

専属運転手向け:ブラック企業の見分け方

専属運転手の仕事でも、時にはブラック企業に当たってしまうことはあります。社長や役員が社員を道具のように使う感覚でいる場合や、勤務時間にムラが出たり、1日の終業時間を明確にできない場合にはブラック企業の可能性があります。

 

一般的には、だいたいの日程調整、仕事管理をして、移動時間やコストも考えた上で、それでも専属運転手がいたほうが良いということで求人を出しますが、会社の慣例で専属運転手が必要だからという理由や、役員がそう求めているからと言う理由で求人を出している場合には、上からの命令が絶対で、意見すらできないという社風な可能性があります。この場合、専属運転手は役員や社長のパートナーではなく、半ば奴隷のような扱いを受ける可能性がありますので、面接や面談の時点で、秘書や専属運転手をすることになるその人本人と会えない状態の場合には、そこで働くのは避けたほうが良いでしょう。

 

専属運転手は、社長や役員にとって最も身近で重要な機密を知られてしまうかもしれないという立場の人ですから、安易に人事の人に任せっきりで採用するということはほとんどありません。少しでも長く、同じ人の専属運転手でいたほうがサポート効率も良くなり、お互いに良い関係を築きやすくなりますので、最初のマッチングは特に慎重になりましょう。

 

2種免許はなくても働ける

専属運転手は、特定の人しか乗せず、社員として同伴、随伴するだけになりますので、2種免許はなくても働けます。不特定多数の方を相手に、バスやタクシーのように営利目的で人を運ぶ場合には2種免許が必要ですが、社長や役員しか乗せないような専属運転手、秘書としても働いている場合には2種免許はなくても問題はありません。

 

契約上は社長や役員から報酬をもらって運転、及び、秘書をすることになりますが、それでも2種免許が必要になる範囲ではないので求人情報もよく確認しておきましょう。タクシー運転手の経験がある方は既に2種免許を取得しているかと思いますが、未経験で秘書しかやったことがない場合でも、2種免許をあえて20万円から30万円、2週間ほどかけて合宿免許で取得するなどの手間を掛けなくても専属運転手には応募できます。

 

たいていの求人情報では、専属運転手になる条件として2種免許はなくてもよいと書かれていることが多いので、求人情報はきちんと読んでおきましょう。ただし、2種免許を必須にしている専属運転手の求人もありますので、その場合はやはり2種免許があったほうが有利に仕事ができます。2種免許はプロの証というイメージを持っている方もいれば、雑誌や記者などの調査で2種免許未取得の運転手を雇っていて、そこを揚げ足取りなどされて突かれて面倒なことにはしたくないという社長や役員独自の考えもあるでしょう。

 

秘書のスキル・経験があると理想的

求人情報に書かれているような秘書の仕事に当たるような部分、目的の会社への事前連絡や、その日の社長、役員の日程把握は、秘書に近い仕事になります。求人によっては、すべての秘書業務を任されることもありますので、運転しないで済む時間にも事務作業や電話応対などをマルチにこなす必要があるかもしれません。細々としている連絡や各方面への連絡、菓子折りの準備や文房具の用意、通販経由での購入、支払いなどもやることになるでしょう。

 

また、社長に会いたいという人からのアポ、連絡も受けなければいけない場合がありますので、予定管理、日程管理などのスキルは非常に重要になります。専属運転手になる場合は、秘書の経験、秘書検定などの資格があれば少し働きやすくなるでしょう。大学で学園祭実行委員の総務や総括、委員長のサポート、副委員長職を経験していればだいたいやることの仕事量の多さや各方面の働きかけの仕方などはイメージしやすいでしょう。

 

 

執事やメイドのような仕事に憧れている方で、車の運転も出来る方はこの専属運転手の仕事に向いているでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

雇い主の希望・期待に答えるには

雇い主の方々が求めているのは、迅速かつ確実なサポートです。社長や役員の方々は外部向けの顔と、社員向けの顔、時には交渉や謝罪もしなければいけないため、非常にストレスが掛かります。雇い主としては、細かな雑務や連携、連絡、移動の交通手段の支援など丁寧なサポートを必要としています。

 

専属運転手になるつもりの方は、こうした社長や役員の方々の業務の多さ、どこに、どんなサポートが必要なのかを理解して動くと理想的です。専属運転手としてその会社に関係するニュースや、同じ業界の情報、世間の動きや天気予報なども運転中の車内で社長に伝えられればより魅力的かもしれません。また、どんな天候、状況にも対応できるように、スーツのジャケットの替えや、傘、タオル、ティッシュ、軽い軽食、飲み物なども車内に用意しておけば多忙すぎる日々をともに乗り越えられるかもしれません。

 

 

専属運転手の方がタクシーと比較して安くなる

専属運転手を雇う方々はタクシーとはまた異なるものを要求しています。タクシーでの移動でも問題はないですが、1日に何件もタクシーを捕まえなければいけない場合は、その手間と待ち時間が無駄になります。分刻みのスケジュールを組む場合には特に専属運転手のほうがコストも時間も節約できます。

 

専属運転手の求人募集と求人の選び方完全攻略

 

 

 

ステータスアピールにもなる

人によっては専属運転手、秘書がいるというステータスを他社に見せなければいけないという場合もあります。時には通訳を必要とすることもあり、大きい会社との交渉や取引をする場合、双方が同じくらいの人数の人員を配置していたほうが社長自身のストレスが減らせます。また、双方ともに、お互いの取引をどれだけ大切に考えているかが、そこに割いている時間と人数で分かるようなこともあります。

 

専属運転手の求人募集と求人の選び方完全攻略

 

 

 

移動時間短縮にもつながる

電車やバスでの移動では、その公共交通機関の時間に合わせないといけないため、数分、数十分の待機時間が生じてしまいます。それが何度も重なると結局1時間、2時間という時間が無駄になってしまいますので、専属運転手に依頼して少しの時間も節約したほうがよいのです。専属運転手の車の中ならば、難しい話や機密情報も話しやすい上に、電車のように同席する人々に迷惑をかけたり、変な人に絡まれたりするリスクも減らせますので、ビジネスをする上で専属運転手の存在は貴重です。

 

専属運転手の求人募集と求人の選び方完全攻略

 

 

クチコミ情報

体験談:良好な関係を築ければ働きやすい

専属運転手としてもう数年仕事をしていますが、流石に日々の仕事にも慣れて、会社の仕事内容や今後の展望も把握し、雇い主の健康状態も把握している感じです。

 

だいたい行く先は同じで、ルートも把握できたため、運転中の余裕も生まれて、雇い主との雑談、仕事の上でのアドバイスや愚痴を聞くなど、貴族とそこに仕える執事のような雰囲気でお互いを信頼しあって仕事ができています。
理解のある人間性の優れた人の専属運転手になれれば何も苦しいことはないでしょう。

体験談:執事・秘書のような働き方をしています

専属運転手として1ヶ月24万円ほどの仕事をしていますが、車の運転よりも秘書の仕事のほうが多い印象です。

 

日程調整や電話対応、予定表管理をしながら、お出かけする予定があれば社長や役員、関係者を乗せて移動する感じです。
秘書の資格は持っていたので何の苦痛もなく、人間関係も良好で楽しく皆のサポートができていて嬉しいです。

専属運転手