専属運転手を雇う人の特徴と年収・役職

専属運転手を雇える収入

専属運転手を雇う人の特徴と年収・役職

会社として専属運転手に支払う金額は、おおまかに見積もって20万円から45万円ほどです。つまり、この専属運転手の給料よりも高い交通費を支払ってしまっている会社、または、移動効率が悪くてチャンスを失っている会社などが専属運転手を雇ってくれます。こうした会社は1ヶ月あたり1000万円から2000万円を稼ぎ出している可能性は高く、交通費を少しでも削るために専属運転手を雇いますので、役員だけでなく、会社幹部、社長など重要な役職にある人を運ぶことになります。

 

そうなった場合にはあまり待機時間はなく、1日中走り回ることになる場合も多いようです。1日あたりで計算すると25000円ほどの給料になるため、1日に30万円から100万円といった契約を取るために動かないといけないような場合には専属運転手を雇ってくれるでしょう。

 

運転手を付ける人の性格や特徴

専属運転手をつけるのは、単純に移動時間がもったいないほどに仕事が多くある人、移動時間でさえもデータ分析や重要な判断をしないといけない人、また、専属運転手をつけて安心して移動中に休める環境が必要な人等が例に上がります。他には、専属運転手を自分につけることでステータスの証明にするという人もいます。

 

専属運転手をつけていると言うだけで取引先や交渉相手に対して優位なアピールが出来るため、言い方は悪いですが、そのハッタリが取引に有利に働くという場合にも専属運転手を必要とします。専属運転手を雇う人は、ただ移動する時間が足りない以外にも自己顕示欲が強い人、承認欲求が強い人である可能性が高いことを理解して運転手としての仕事をこなすと良いでしょう。

 

最も多い仕事上の役職

専属運転手を必要とするのは、その会社で要職についていて、万が一にも事故にあったり、公共交通機関のトラブルで遅刻したりできないような地位にいる人です。また、多額の取引、交渉をする営業職、社長レベル、幹部レベルの人である場合も多いです。

 

こうした人を乗せると思うとそれだけで緊張してしまうかもしれませんが、それよりも重要な仕事がある時に、専属運転手に対して罵声を浴びせたり、厳しく評価したりするような余裕は持てませんので、専属運転手はとにかく安全、かつ、確実に雇い主を目的地に運ぶことに専念しましょう。どんな人が専属運転手を雇うのか知っておき、仕事に就けた時にどう対応していけばよいか現実をよく理解して行動するのが成功の鍵です。

専属運転手