専属運転手を雇う人ってどんな人?

雇う人を知って効率的にアピールしよう

専属運転手を雇う人ってどんな人?

専属運転手として働く前に、どんな人に雇われて、何が求められているのか知っていれば、就職面接のときの受け答え、相手が望んでいる対応をして就職採用を掴み取りやすくなります。一般的には役員や社長を乗せることが多いですが、そうした人々との相性が良くないと専属運転手として、役員も運転手になる人もストレスを抱えてしまいますので、スキルや能力が全てではありません。

 

移動中の時間にも一緒に車の中にいてイライラせず、ストレスをあまり感じず、気軽に話ができて、話も合うような専属運転手のほうが採用されやすいです。2種免許を取得していれば採用されやすいのは事実で、コストが掛からずにすぐに雇い入れられる分有利に選ばれるでしょう。

 

役員や社長を乗せることが多い

一般社員を乗せることはほとんどなく、会社の役員、会長、社長といった要職を乗せることが多いです。こうした役職の方々は、重要な会食、交渉、取引などをする必要があるため、毎日かなり忙しく活動しています。その多忙な日程を自分で運転したり、社員に運転させたりすると業務効率が落ちてしまい、秘書に任せたとしても電話対応等が疎かになるので、専属運転手が必要になるのです。

 

他にも誰にも聞かれることのない車の中で大切な話をしたり、交渉をしたりすることもあるため、社員にその話を聞かれるのも避けたほうがよく、関係のないタクシー運転手にその話が漏れるのも避けたほうが良いことです。プロの運転手として、秘密を守りつつも、大切な話を安心して車の中で出来るような信頼できる運転手を企業は求めています。

 

秘書との連携も重要になる

多忙な役員、社長を乗せて1日の日程を確実にこなすためには、秘書と連携して日程を把握し、移動するスポット、走行ルート、その日の交通状況などをチェックして走る必要があります。せっかく電車より自由に動ける条件が整っているのに、渋滞や事故に捕まってしまうと意味がありません。秘書が日程をせめて前日には共有してくれていれば、運行ルートを決めやすいです。

 

最低限社会人として情報共有、意思疎通する力は必要になりますので、秘書の経験がある場合は専属運転手も少しやりやすくなるでしょう。特に派遣としてその会社に赴く場合には、走行ルートや日程はその当日に渡されることもあり、当日に予定変更されることも多いので、土地勘がないと仕事に支障が出てしまいます。この当たりも雇い主の業種、行きそうな場所を把握しておけば急な変更にもすぐに対処できるはずです。

専属運転手