専属運転手はどうすればもっと稼げる?

運転手としてさらに稼ぐには

専属運転手はどうすればもっと稼げる?

専属運転手は正社員と同じような働き方になりますので、一度労働契約を結んでからはお給料は簡単には上がりません。どうしても稼ぐ金額にある程度裁量をもたせておきたい場合は、1日単位での専属運転手になるのが一番です。また、2種免許も取得して、個人で必要な手続きを行った上で専属運転手として仕事をするのもありです。

 

しかし、専属運転手に期待されていることは、会社の社長や役員の仕事のサポート、日程調整や管理、アポの確認やアポ取りのような秘書業務と専属運転手という2つの側面がありますので、できれば末永くサポートに回ってくれる執事のような運転手を求めている方がほとんどです。そのため、正社員として地道に貢献していくほうが最終的には稼ぎは多くできるでしょう。

 

まずは理解ある雇い主に出会うこと

専属運転手の仕事に文句ばかりつけるような人や、道路状況、交通状況からどうしようもないのに、専属運転手にとにかく急ぐように指令を出す雇い主についてしまうと非常に苦しい中で仕事をしないといけません。事故を起こすわけにもいかず、前方に注意を払いながらも、後ろの座席の社長や役員にも気を配らないといけないとなると完全に板挟みになってしまいます。

 

雇い主の人間性や理解力は専属運転手として働く時には非常に重要なので、面接や求人情報をチェックする時点で不安要素がないか確認しましょう。専属運転手として稼げる働き方は、結局は正社員として手堅く勤務していくことです。

 

専属運転手のマネジメントをするのもあり

専属運転手として生きていきたいならば、自分以外の専属運転手を見つけて、育てて、会社とマッチングさせれ中間マージンを取るというようなマネジメントの仕事をしてしまうのも良いでしょう。優秀で教育もされている専属運転手を紹介し続けられるとなれば、多くの会社が専属運転手を求めて来てくれるでしょう。ただの仕事として専属運転手をするのではなく、専属運転手の代表、取りまとめ役のようになってしまえば、収入はさらに多くなるでしょう。

 

専属運転手の求人を受け付ける会社に就職するというのもまた一つの生き方ですので、最もあなたにあった働き方、理想の稼ぎ方が出来るスタイルを見つけてみてください。時には、役員や社長につく専属運転手ではなく、社員旅行の際のバス運転手や観光バス専属の運転手として働くのもオススメな稼ぎ方です。

専属運転手