専属運転手の平均月収と月収のあげ方

平均月収とだいたいの年収

専属運転手の平均月収と月収のあげ方

役員付き専属運転手の平均月収は、30万円ほどと考えるのが無難でしょう。多くの場合、20万円から40万円ほどの給料で専属運転手として働いているため、実際には20万円台の給料の方のほうが多いようですが、平均的には30万円が給料だと考えておけばよいです。この場合年収は360万円ほどとなりますが、1ヶ月の給料が20万円ならば年収240万円+ボーナス、1ヶ月40万円の給料ならば480万円+ボーナスという形になりますので、年収500万円を超えるようなことも不可能ではありません。

 

タクシー運転手の場合は1日5万円から10万円ほどの売上が出たとして、月間13日ほど働いて収入40万円から50万円ほどになりますので、年収はこの専属運転手の給料40万円の場合とほぼ同じです。タクシー運転手と専属運転手を比べれば、専属運転手のほうが特定の人しか乗せない上に常に走っていないといけないということもないので、専属運転手のほうが落ち着いて働けるでしょう。

 

月収を上げる方法は価格交渉だけ?

専属運転手として月収をあげていきたいならば、会社と契約して1ヶ月、1年単位で働くよりも、1日、数日ごとの契約で働く専属運転手になったほうがよいです。専属運転手として1日28000円で働いた場合、10日で28万円、20日で56万円、少し無理をして1ヶ月に25日働いた場合は70万円の月収を作ることも不可能ではありません。

 

1日だけの専属運転手でも、1日8時間までという派遣のルールがある上に、事故を起こすといけないため、連続勤務日数なども決められていますが、1日単にならば運転に専念するだけで良いので、仕事は非常に楽です。また、相性の悪い会社にぶつかってしまっても、1日だけの付き合いなのでなんとか我慢してクリアできます。スキルを積んでいきたい方や、本当に頼りにできる会社に出会いたい方は、最初は1日単位での専属運転手をしたほうが良いでしょう。

 

専属運転手は副業できる?

専属運転手も1日8時間までの労働が定められてはいるので、夕方や夜間は健康に問題が出ないレベルでこっそり副業をすることはできます。特に派遣として1日単位で働くような場合には、副業をしていてもそんなにバレません。ただし、副業のし過ぎで遅刻したり、依頼者に迷惑をかけたりするようなことがあると専属運転手としてやっていけなくなりますので、まずは専属運転手の仕事に専念しましょう。

 

慣れないうちは1日仕事をしたらしっかり休んで、次の日に備えておき、仕事に慣れてきて夕方以降にも余裕が残るようになったら、副業を考えるほうが良いです。また、派遣会社によっては副業は許可できないという条件の場合もありますので、この辺はきちんと折り合いをつけて働きましょう。

専属運転手