専属運転手によくある給料と待遇・勤務形態

日雇い専属運転手の一般的な給料

1日だけの派遣形式で働く日雇い専属運転手として働く場合、時給は1300円が一般的だと考えてください。1300円から1800円ほどが相場ですがので、1日8時間働けば最低でも1300円×8時間=10400円は稼げる計算になります。

 

しかし、これは完全に全額受け取れるかというとそんなことはなく、仲介会社や派遣会社にもいくらかお金が渡りますので、依頼者が支払っている金額が少し多くなるか、労働者の貰える金額が少なくなるかのどちらかです。日雇い専属運転手として求められているのは役員付きの運転手などの業務より、複数のイベントを1日で回っていくような芸能人の営業をするときや、観光ガイドとして観光客の案内をするような業務が多いです。会社と契約するだけでなく、個人の依頼者について運転手をすることも増えますので、日雇い運転手では稼ぎはそこまで大きくはならず、1日10000円稼げていればマシな方です。

 

最低限あったほうが良い待遇

日雇いの専属運転手の場合は、基本的に派遣形式で仕事をすることになりますので、福利厚生や待遇などはあまり期待できません。ボーナスなどはもらえず、最低限の法定福利厚生もあるかどうか怪しい場合が多いです。まともな会社で派遣として運転手をする場合には交通費の一部支給や弁当や飲み物などの支給があるかもしれませんが、そおまで期待はできないでしょう。

 

せめて、経験を積んでいれば時給が1300円から1800円ほどまで上がるというように設定されているところのほうが安心して働けるでしょう。これらの福利厚生や待遇は、やはりしっかり稼げている会社、専属運転手を毎月20万円、30万円で雇えるレベルの会社でなければ、あまり期待はできません。

 

働き続けやすい勤務形態

日雇いの専属運転手は、自身の都合に合わせて働きやすい勤務形態です。女性の副業としても利用でき、土日だけ観光ガイド、運転手として働くことも出来るでしょう。特に、観光客、海外からの観光客向けに英語でガイドをしながら、専属運転手として観光地を巡り、荷物持ちや写真撮影などをしながら1日つきっきりで仕事をするというのも良いでしょう。

 

1日単位での仕事ですので毎日束縛されるわけではないため、少し子育てに余裕ができた女性、シルバー人材でも専属運転手は取り組みやすいでしょう。より様々な利用者向けにサービスを提供している会社で派遣として専属運転手になれれば、1日10000円から20000円ほどの稼ぎにしかなりませんが、コンビニやスーパーのレジのアルバイトよりはしっかりまとめて稼げるでしょう。

専属運転手