専属運転手のデメリットと事前にできる対策

雇い主の言葉の暴力があるかも

専属運転手のデメリットと事前にできる対策

専属運転手として働く場合、どうしても特定の人としか会わないため、相性の悪い社長、役員と組んでしまうとお互いにストレスを抱えて働くことになってしまいます。雇い主が普段はしっかりしている人でも、仕事に失敗した時に周りに八つ当たりしたり、酔うとセクハラや暴力を奮ったりするような場合には、専属運転手としてのお世話が大変になります。

 

仕事中にしか触れることがなければ心配はないですが、仕事として飲み会や会食などを共にしないといけない場合には、専属運転手が上手にサポートに回っていかないといけません。専属運転手が必要な場合、取引先や関係企業ではその運転手のことも把握していることは多く、何度も専属運転手が変わっているような場合には、何か問題を抱えている会社に専属運転手になってしまっている可能性もあります。

 

相性が悪い人に雇われると苦役でしかない

社長も役員も、専属運転手も人間ですから、どう頑張っても相性の良い人と相性の悪い人がいます。本能的に無理、と取られてしまう場合には、その人を専属運転手として雇うことはないでしょうが、スキルが高かったり、英語の能力があったりすると、仕方なくそうした方と組んで仕事をすることになる例もあります。

 

仕事効率が落ちるようでは意味はないので、面接の時、求人に応募したときの様子で信頼できる人かどうか、お互いに確かめるようにしましょう。専属運転手としての最大の結果を出すためにも相性は大切ですから、人間関係の部分でマイナスがないように気をつけて働く場所を探しましょう。

 

目と腰に負担がかかる仕事

専属運転手として長時間運転していると、当然目と腰に大きな負担がかかります。膝も痛くなり、肩こりや腰のコリがひどくなれば頭痛もするようになります。車の中のエアコンで体が冷えてしまうこともあり、状況によってはトイレも気軽に行けない可能性がありますので、体調管理も非常に大切です。

 

ずっと座っている姿勢は人間にとって負担になりますので、血栓や貧血などの症状を引き起こすこともあります。専属運転手は特に健康面を気にして、待機できるときがあれば車から降りて体を動かしたほうが良いでしょう。目は温かいタオルやアイマスクを当てて休めるようにすると10分だけでもかなり楽になります。ホットアイマスクなどを常備しておくか、経費で用意してもらっておけば大変な日にもしっかり社長や役員のサポートに全力が出せるでしょう。

専属運転手