お金持ちしか専属運転手を雇わないのは事実?

専属運転手はお金持ちの特権?

お金持ちしか専属運転手を雇わないのは事実?

専属運転手を選ぶ人が必ずしもお金持ちだとは限りません。むしろ、常にタクシーを使って移動する人、専属運転手ではなく会社員として運転手を雇い入れて使用している人もいます。専属運転手を選ぶ場合、そこにかかるお金は1日10000円から28000円ほどで済みますが、タクシーを1日中使用する場合には5時間ほどで3万円や4万円を超えてしまうこともあります。

 

専属運転手をつけるほど長時間移動しなければいけないような場合には、タクシーを利用するよりも専属運転手を利用した方がトータルコストは安く済むというのが実情なのです。タクシー運転手と専属運転手を比べれば、よりプロフェッショナルで十分なマナーもあり、秘密厳守、安全面などを考えればコストが安く済む専属運転手を選んだほうが良いです。

 

タクシーやハイヤーも似たようなもの

1日のうちに東京都内をあちこち移動するような場合、会社役員、経営者は電車や地下鉄を利用してもダメではないですが、会社の責任者が不特定多数の中にいて万が一盗難や盗撮、暴力行為等で動けない状態になってしまうと大事な取引や交渉ができなくなったり、会社としての重要な決断ができなくなったりしてしまいます。

 

そのため、交通手段としては車で移動したほうが目的地まで早く安全に移動でき、車内でも電話やデータチェックなどの業務ができたほうがよいです。タクシーでも移動はできますが、いつでもどこでも捕まれられるわけではなく、待機させていてもどんどん料金が加算され続けていってしまうので、専属運転手のほうがコストを抑えられます。

 

月定額のタクシーと考えてもOK

専属運転手の位置づけは1ヶ月定額のタクシー、1日定額のタクシーと言った感覚です。料金が加算され続けていくタクシーに比べれば、専属運転手に任せたほうが良いというのが野党側の感覚です。そのため、お金持ちほどこうした専属運転手を利用する事が多いです。別の見方をすれば、専属運転手を雇ったほうがコストを抑えられるくらいに大きな会社、複数の事業日程がある人が専属運転手を雇いますので、社会的な責任やステータスが高い人が雇い主になるのは必然です。

 

お金持ちに限らず、公務員、官僚など経費を最小限に抑えなければいけないような場合にも専属運転手を雇うことになるため、会社役員以外にも責任の大きい公務員を雇い主にする可能性もありますので、その点を理解して秘密厳守なども理解して仕事をすることになるでしょう。

専属運転手