専属運転手の求人情報の見方と注意点

よくある求人情報とその見方

専属運転手の求人情報の見方と注意点

専属運転手の求人情報も、一般的な仕事の求人情報と特に変わりはありません。まず、チェックすべきなのは勤務時間と給料で、1日8時間、超過労働にならないよう残業や宿泊が必要になる場合の追加料金なども理解がある会社かどうか確かめましょう。会社専属にならなくとも、派遣として会社に働きに行くのもおすすめです。

 

基本的には役員、経営者、幹部レベルの方々の送迎、移動が仕事になりますので、マナーや礼儀作法、会社の看板を背負っているという意識を持って仕事できる人でないと雇ってはもらえません。たいてい、専属運転手では、面接が重視されており、役員の方と会って十分なコミュニケーションが取れるかどうか、お互いに不快に感じることがないかなど、移動中に双方余計なストレスを感じないで仕事に専念できるようマッチングしないといけないといった事情もあります。

 

専属運転手で気をつける点

送迎が主な仕事になりますので、時間を守れない方、早朝でも動ける方でないと専属運転手にはなれません。役員の方々には特にビジネスとして遅刻は許されないので、その専属運転手も更に速く仕事を始められないといけません。

 

会社によっては早朝から会社と事務所、工場、取引先など様々な場所を経由して役員や経営者の方々を移動させないといけないこともありますので、秘書と連携して仕事に滞りがないようサポートします。遅刻や場所のミスなどは一切許されないので、日々気を抜かずにプロの専属運転手として働くことが求められます。

 

専属運転手の求人は少ない

専属運転手の求人はあるにはありますが、決して多くはありません。関東地方だけでも300件から500件求人があるかどうかギリギリな時もあります。タクシー運転手を経験したことがある方からすれば、専属運転手の仕事は迎える人が決まっていて、だいたい事前に行く場所がわかるので、タクシーよりは楽に仕事ができます。

 

起こりうるのは上司に当たる人が雇い主で、人間関係上のストレスが多くなりやすく、緊張感が抜けにくいという問題です。それだけタクシー経験者であってもかなりプロの方でなければ専属運転手の仕事はやりにくいので、自信のある方は是非チャレンジしてみてください。求人によっては20代、30代の若い人でも採用を考えてくれる所もあり、役員専属運転手だけでなく、会社のスタッフを数名から十数名運ぶバスの運転手としての役目が任されることもありますので、役員の専属運転手以外の道があることも考慮して求人を探すようにしましょう。

専属運転手