専属運転手として働くメリット

運転業務だけに特化できる

専属運転手として働くメリット

専属運転手には、1ヶ月まとめて契約して働くパターンと1日だけ派遣で専属運転手として働くパターンがあります。また、1ヶ月以上その会社で働く場合には、秘書業務も合わせて行うような専属運転手の仕事もあります。この場合は運転業務だけに集中する訳にはいかないですが、移動ルートや目的地の把握のために秘書との連携が必要になります。

 

タクシーやバスとは異なり、事前に移動ルートを把握して効率的に社長、役員を運べるようにするのが専属運転手の責務です。運転だけに集中できるのは1日だけの派遣形式の専属運転手か、1週間や1ヶ月だけの契約で派遣として専属運転手をする場合です。運転業務だけに集中できれば、タクシー運転手や観光タクシーのような感覚で、みっちり集中して車の運転メインで仕事ができますので、働き方の工夫もすると良いでしょう。

 

行動が分かれば仕事はパターン化されて楽

一定期間継続して専属運転手の仕事をする場合には、社長や役員の1日の行動パターンや日程、始業と終業時の習慣なども分かるようになってきますので、段々と仕事はしやすくなります。特定の目的地にいった後に必ずよるコンビニの把握、車の中で用意しておくといい飲み物や軽食なども把握できれば仕事の評価も高くしてもらえるでしょう。

 

相手のことをよく知らないうちから秘書も専属運転手も同時にこなすのは難しく、運転手として安全な運行をする以外にも社長や役員のサポートをしないといけないとなると、しばらくの慣れがどうしても必要です。移動する場所がパターン化されていれば特に移動効率、作業効率は上がりますので、この点も工夫が必要になるでしょう。

 

執事のように仕事ができる

専属運転手には、主に運転のスキルと、社長秘書としてのサポートスキル、日程把握のスキルがあれば問題ありません。高度な数学や、パソコン操作ができなくても出来る仕事なのも、専属運転手のメリットでしょう。サポートスキルが既に身についていて、車の運転も出来る方ならば誰でも出来る仕事ですので想像するよりもハードルは低い仕事です。

 

決して楽な仕事ではないですが、会社の中心人物とも言える社長や役員の忙しさを少し減らして、作業効率を高めてミスも減らすという大切なつなぎ役として貢献することになりますので、専属運転手の仕事にもやりがいは十分あります。適性さえあればおそらくほとんどストレスなく出来る業種ですので、ぜひ最適な求人を探してみてください。

専属運転手