英語ができると専属運転手で成功しやすい

英語力がビジネスの役に立つ

英語ができると専属運転手で成功しやすい

専属運転手で英語が必要になるのは、主に外資系の会社、外国人と一緒に交渉する機会が多い会社で働く場合です。社長や役員、幹部の人間ほど英語で話さなければいけない人が多いため、運転しながら英語の通訳のようなことをしないといけない場合もあります。英語力はビジネスで特に欠かせないスキルで、会社によっては社長や雇い主が外国人の場合もあります。

 

スポーツチームの監督が外国人で、ポルトガル語や英語が話せないといろいろ話が通じないような場合もあります。そのため、その企業専属の運転手として勤務して行く場合は、英語、中国語、ポルトガル語など複数言語を使える人のほうが有利です。また、タクシーだけでなく、バス、大型バスの運転もできるような免許を持っていれば活躍する場面は多くなり稼ぎも大きくなります。

 

車内で通訳を任されるかも

専属運転手を雇い入れる年齢層は50代、60代の人が多いため、英語に堪能ではない場合もあります。そこで常に通訳を任されるような可能性もあり、特に車で英語圏の人を一緒に運ぶ場合には車内での会社を運転しながら伝えていかないといけないこともあります。また、1日単位の専属運転手の仕事を受ける場合は、会社役員だけでなく、派遣として1日観光客向けの専属運転手として働くような可能性もあります。

 

この場合には観光タクシーのようなスタイルで、英語でガイドもしながら運転手の仕事をすることになるでしょう。ツアー専門のガイドさんが一人ついたとしても運転手には当然英語での会話力が求められますので、相手やお客さんを観光中楽しませるという仕事になるかもしれません。

 

中国語も成功しやすいかも

近年日本にやってくるお客さん、外国人で多くなっているのが中国人、インド人などアジア圏の人々です。そのため、中国語を話せるようになっておくのもビジネス上のメリットがあるでしょう。人口で言えば中国人は日本の10倍以上もいるため、外国人向けの観光ガイドも合わせた運転手をするならば、中国語も覚えておくほうが有利に仕事が見つかります。

 

日本でビジネスしている中国人、英語圏の人々の雇われ専属運転手として派遣される可能性もあるため、日本語を伝えながら要望はその方々の言語で聞いて理解するというスタイルの業務があるかもしれません。この専属運転手の仕事は雇い主の希望に応じてケースバイケースですので、スキルはたくさんあるほうが良いです。

専属運転手