専属運転手が経験しておくと良い接客バイト3選

秘書の仕事は経験したほうがいい

求人によっては社長や役員の方のサポートをして、専属運転手として、一般車や大きい車両を運転する場合もあります。そのため、車の運転はできるとしても、秘書としての仕事ができないと十分貢献できない可能性があります。

 

専属運転手は車を運転するだけではなく、その日一日の日程を把握して、社長、役員をその日程通りに指定の場所に運搬する必要があります。この行き先は社長がいちいち指示は出さないので、運転手が自身で目的地を事前に把握しておいて行動していかないといけません。特に、時間と場所を把握して、予定の時間より少し早めに到着できるようにするのがマナーですから、秘書としての業務を経験していないと日程管理、1日の日程調整が難しいかもしれません。走行ルートの計画も専属運転手が決めないといけませんのでアルバイトでも良いので秘書としての仕事は経験しておいて損はないです。

 

タクシー運転手の経験も生かせる

タクシー運転手をしたことがあれば、その時の2種免許、仕事の経験が運転スキルや乗せる人のサポートなどの面で役に立つでしょう。雨が降っている時には社長や役員の方が濡れないように気をつける必要があり、一緒に車に乗る社長以外の来賓や取引先企業の社長がいる場合にはそちらへの気遣い、サポートも欠かせません。

 

取引先が目上でも、目下でも専属運転手は失礼な態度を取らないようにする必要があり、お客様として人を扱って、車の乗降をサポートするという、まさしく運転手のプロとも言える仕事をしなければいけません。執事や秘書としての仕事のほうが近い感覚ですので、秘書検定の資格などを持っていれば、マナーやモラルをきちんと現場で生かせるでしょう。

 

芸能人のマネージャー業も生かせる

専属運転手をする時、芸能人やアイドル、有名人やスポーツ選手のマネージメントをしていた経験があれば、これもかなり専属運転手の仕事と近い感覚で参考に出来るものが多いでしょう。日程調整、健康管理、忘れ物チェックなどをするという点も似ていますが、車で一般人やマスコミに見つからないよう安全に雇い主を乗せて移動するという責務がありますので会社社長や役員の仕事もきっと役に立つでしょう。

 

マネージャー業、車の運転、秘書の仕事はどれも専属運転手に必要とされているスキルが含まれていますので、経験している場合には2種免許を持っていなくても専属運転手として生きる道が用意されていますので、是非挑戦してみてください。

専属運転手