実際の専属運転手の扱いと期待されていること

専属運転手に期待されていること

実際の専属運転手の扱いと期待されていること

役員や社長が専属運転手に期待しているのは、安全でスピーディーな移動手段の提供と、車内での安全で自由な時間の確保です。電車やバスなどの公共交通機関で、社長が他の人と連絡を取りながら、機密を話しながら移動することはできませんが、専属運転手のいる車内であれば、それらが漏れる心配はほぼありません。

 

移動手段としても他の人を待ったり、時間を他に合わせて調整したりする必要がなくなるので、シビアな日程でも専属運転手がいれば確実にこなせるでしょう。また、秘書のような仕事を専属運転手に求める会社もありますので、社長や役員の日程調整、仕事の連絡や連携、先方へのアポ取りや確認なども任される可能性があります。

 

専属運転手の扱いは頼れるパートナー

一般的に社長や役員の専属運転手は、かなり社長、役員と近い位置で働くことになります。そのため、お互いの信頼、気遣い、サポートが欠かせないものとなり、専属運転手は、社長の健康、食事の回数、水分摂取、持病の有無と薬の確認、車内でぱぱっと食べられる軽食の用意や車内でタブレットやパソコンを使ったり、充電したり出来るような環境を整えるのも重要です。

 

会社の最も重要とも言えるような交渉や仕事の依頼など、社長や役員が行う仕事のサポートに徹するのが専属運転手の役目です。ドラマや映画では専属運転手を下に見るような演出をしていることもありますが、現実にはそんなことはなく、新鮮な情報や多方面の視点からのアドバイスを専属運転手が提供するような頼りあえる関係を築けることの方が多いようです。

 

雇い主や同乗者を守るのも仕事

専属運転手は、役員や社長だけでなく、営業や取引相手を一緒に乗せることもあります。時には、取引先の人だけを車で近い駅まで送ることもあり、ビジネスマナーや丁寧さ、清潔さなども求められます。雇い主の家族や、同じ社内のスタッフを乗せて急がないといけない場合もあります。

 

また、会議の前、株主総会の際に、忘れ物をしてしまった場合には、その荷物を取りに専属運転手だけで動くような場合すらあるようです。専属運転手と、社長、役員の信頼関係が成り立っていないとこの仕事はできませんので、事前の何を期待されているのか理解して、効率的に働いて結果を出せるようにしましょう。基本的にはサポートに徹することになりますので、秘書のスキルや経験があると仕事は成功しやすいです。

専属運転手